SIGA BLOG

動物園から脱走したリスが、社会や人間について考えたり、小説やグラブルの記事などを執筆したりする雑記ブログです。

【グラブル】光属性の汎用的フルオート編成+候補キャラ紹介

 

※この記事は光属性パーティーの編成紹介です。

 

グラブル……と言いますか、ソシャゲ特有の地獄の周回プレイ。
それを圧倒的に楽にしてくれるのがフルオート機能です。

 

今回は、その機能を活用することに特化した「フルオート編成」の紹介になります。

 

基本的には私の編成を紹介することが中心となりますが、該当キャラを所持していない方にも少しでも参考となるよう、他にも候補となるキャラを数名リストアップしておきました。

 

それでは、みなさまのグラブルライフが快適になることを願いつつ、本題に入っていきたいと思います。

 

 ▽執筆時の私の基本情報です。

  • Rank 192
  • マグナ編成
  • 戦力 73,000
  • プレイ歴6年(無課金)

  

 

 

スポンサーリンク  

フルオートの仕組み

※知っている方はどうぞ飛ばしてください。次の項目へ

 

フルオート機能は、キャラたちがアビリティを使用しつつ戦闘するシステムです。
(召喚石は使いません。)

 

しかし、すべてのアビリティを使用するわけではありません。
アビリティはダメージ強化弱化回復の4種類に分かれています。


フルオートでの使用順は「強化弱化ダメージの順で、
このうち、回復アビリティ(アイコンの枠が緑色のアビリティ)は使いません
よって、敵の攻撃で全滅しないようにするためには、回復アビリティ以外の手段で回復しなくてはいけません

 

また、使用間隔が0ターンのアビリティも使いません。
この仕様により、本来は優秀であるユリウスのようなキャラが、役に立てなくなる場合があります。

 

味方キャラを指定して強化するアビリティも使いません

 

他にも、ザ・グローリーのリミットアビリティ「コルミロス」のように、「再使用で解除」系のアビリティも、使用した次のターンには解除されてしまいます。

 

よって、フルオート編成の場合はこれらのルールに注意しながら編成を検討しなければなりません。

 

これから私が紹介する編成は、フルオート編成の基本理念と一致していると思われますが、火力を気にしつつも、それなりの耐久力と、回復手段を確保した編成になります。

 

なお、幅広い敵を相手にすることを目的に編成しているため(汎用性重視)、特定の敵を攻略することは考えていません(非特化型)。

 

 

 

私のフルオート編成

主人公

ランバージャックの画像

ジョブ ランバージャック
武器 ハープ・オブ・ハルワアムル(天司武器)
アビリティ ソウルピルファーミゼラブルミスト落葉焚き
役割 弱体耐性攻防デバフ攻防バフ回復奥義ゲージ補助

最初はカオスルーダーで紹介するつもりだったのですが、結局はランバージャックになりました。優秀すぎるんですよね……マイページに表示されている戦力の数値が全くあてになりません。カオスルーダーを採用する場面は以前よりも確実に減ったと思います。

 

 

 

メインメンバー

光属性メインメンバーの画像

ルシオ アタッカーバリア攻バフ奥義ゲージ補助回復
リミテッド
イオ
アタッカー再生回復攻防バフ
ゾーイ
(銃)
自己バリア敵対心UP自己回避率UP攻防バフ吸収

 

 

 

編成の特色


次に、この編成やキャラたちの特色を整理してみます。

 

全員が味方全体のHPを回復可能

 

光属性はシュヴァ剣によって最大HPをたっぷりと盛れるという特徴があります。そのため、ダメージカットが不十分でも敵の特殊技による大ダメージを耐えきれる場面が多いです。

 

その分……と言うわけではありませんが、どのキャラも味方全体のHP回復ができるため、長期戦でもしぶとく戦い続けやすい編成となっています。

 

過剰な回復力のようにも思えますが、アバターHLあたりとも戦うのであればこれぐらいあった方が安心できます。(何にしてもアバターの残りHPが10%を切ったときの特殊技はどうにもなりませんが……)

 

 

奥義回転率は控えめ、アビリティダメージで稼ぐ編成


他属性の編成とは違い、連続攻撃確率を盛るのは諦めています。各自、頑張れる人にだけ頑張ってもらいます。光属性は連続攻撃確率UPを自分のみにかけるキャラが多いですし。


一応、主人公の「落葉焚き」とルシオ「1アビ」の活性効果で奥義ゲージの補助が可能なため、奥義回転率は4~5ターンに1回ぐらいの頻度にはなっています。ただし、バリアを剥がされたり、最大HPを維持できない場合には回転率が低下してしまいます。

 

基本的には奥義発動頻度が火力に直結しやすいのがグラブルというゲームですが、この編成では火力の多くをアビリティダメージに頼っています。ルシオとイオは高倍率のダメージアビリティを持っていて、それなりに高い頻度で発動できます。ゾーイは2アビ使用後の3ターンの間、回避時にダメアビが発生します。

 

もし、奥義回転率を上げたり、味方全体にかかる攻撃バフを最大限に活かしたりしたい場合には、誰かをリミテッドジャンヌ(※後述あり)に入れ替えると良いでしょう。

 

 

弱体役は主人公1人


主人公1人で攻防デバフを下限まで落とせるため、キャラ編成の自由度は高いです。

 

 

安定した強さを誇るルシオ


ルシオはだいたいどこにでも連れて行っているのですが、フルオートもその例からは漏れませんでした。

 

メインの役割はアタッカーになると思います。先述のとおり高倍率のダメージアビリティを5ターン間隔で使用できるほか、自分に2ターンの間、確定TAと高割合の追撃効果を付与するアビリティを持っています。それと同時に、自分に属性100%ダメージカットとマウントも付与するため、敵の特殊技とタイミングが被ればラッキーです。また、サポアビの仕様上、中~長期戦では攻撃性能が向上する点も魅力的です。

 

その他にも、味方全体にバリア活性ストレングスを付与できるうえ、リミットボーナスアビリティを習得すれば、奥義発動時に味方全体のHP回復も可能になります。

 

 

運用に一癖あるが優秀なイオ

 
イオを起用する場面についてはさまざまな意見・考え方があると思いますが、個人的には頭を使わずに済むフルオートでこそ活躍して欲しいキャラだと思います。

 

メインの役割はアビリティアタッカーです。自分の奥義ゲージを引き換えにして得る「魔力の渦」という独自バフのLvを保つことで、味方全体にLvに応じた攻防バフHP回復ダメアビを使用できます。また、ダメージアビリティは条件を満たす度に発動し、最大Lvでルシオ2アビ×2回分以上の高倍率ダメージを叩き出します。そのほか、常に味方全体に属性ダメージ軽減光属性攻撃UPなどを付与するサポアビも持っているため、パーティーへの貢献度も大きいです。

 

欠点としては、自分で連続攻撃確率を確保する手段を持たないこと、奥義ゲージが若干溜まりにくいこと、などがあります。
 

 

フルオートの為にいるようなゾーイ


ゾーイは非常にフルオート適正の高いキャラです。

 

メインの役割は回避盾です。自分の敵対心と回避率を上げて戦います。それ以外にも、味方全体に特殊強化をかけられるのが特筆すべき点です。具体的には、光属性キャラ全体に非常に強力な攻防UPHP吸収効果を付与します。消去不可の特殊強化であり、使用間隔は味方から回復・強化アビリティを受けると短縮するため、編成によって使用頻度に差が出ます。私が調べた範囲では、光SSRキャラには特別相性のいいキャラはいませんでした。

 

ゾーイ自身は特別攻撃面に優れてはいませんが、先述のとおり、回避時にダメアビが発生することがあるため、アタッカー陣に大きく見劣りしない火力が出せます。

 

 

スポンサーリンク  

他の候補キャラ 


表示順が上部の方が火力面、表示順が下部の方が耐久面に優れたキャラクターです。

 

リミテッドジャンヌダルク

光ジャンヌダルク(リミテッド)の画像

味方全体に確定TAを付与して、さらに追撃でダメージを増やすキャラ。本来、2アビは自分に確定TAを付与する効果だが、奥義発動後には即座に使用可能になるうえ、効果が全体化する。本人には特別アタッカー性能はないものの、パーティー全体が高い頻度で確定TA状態になるため、奥義回転率と合わせて火力面が大きく向上する。加えて、味方全体に攻撃大幅UPを付与することもできるため、追撃と合わせて上限を超えるダメージを叩き出せる点が魅力

 

水着ハールート・マールート

光ハールート・マールート(水着)の画像

攻撃、防御、回復など、多面的に味方全体を支援する。リミッター解放状態を維持することで、攻撃・奥義・アビリティ性能を高めたまま戦う。3回ダメージを受けると解除されてしまうが、バリアや回避率UPのおかげで想像以上に維持しやすい。味方全体にHP回復バリア属性ダメージ軽減属性攻撃UP追撃効果、極光の刻印の数に応じて与ダメ上昇などの多種多様な強化効果を与えられるため、出番がなくなることが少ない優秀なキャラ。

 

セルエル

光セルエルの画像

マウントを使えるアビリティアタッカー。フルオートでは状態異常を回復する手段が乏しいため、マウントの存在感はかなり大きい。自分には2ターンの確定TA味方全体には奥義ゲージ20%UPを付与することで奥義発動を促進し、奥義効果で味方全体にクリティカル確率UPを付与する。また、サポアビも含めてコンスタント(≒定期的)にアビリティダメージを与えられる。しかし、いずれも上限値が高くないため、カタログスペックほどの火力は期待できない。他にも2種の攻撃系デバフを持っている。

 

サンダルフォン

光サンダルフォンの画像

生存力に優れたアタッカー。ルシオと似通った部分もあるが、ルシオがアタッカー性能に振っているのに対して、こちらは耐久性能に振っている印象を受ける。自分の弱体効果やHPを回復する手段を持ち、防御力を上げつつ敵対心UPでカウンターを狙い、最終的にはガッツ効果で耐える。盾役として起用するには敵対心UPが大幅ではないため少々心許ない。

また、自分のみだが、連続攻撃確率UP活性効果で奥義回転率を高めている。奥義効果では自分に属性攻撃UP追撃効果、実質の奥義性能UPなどを付与できるうえ、次に使用する高倍率ダメージアビリティを2回発動するなどの点で攻撃性能も高い。なお、味方全体にはクリティカル確率UPと与ダメ上昇で貢献する。

 

ジャンヌダルク(恒常)

光ジャンヌダルク(恒常)の画像

弱体、強化、防御などの面から味方を支援する。アビリティにより、味方全体に奥義ゲージ30%UPと、2ターンの間、自分に確定TAを付与できるため、奥義発動までのターン数を短縮できる。さらに奥義効果により3ターンの間、味方全体に属性攻撃UP属性ダメージカット20%を付与できる。ダメージカットが奥義効果に付随している点は高評価。また、攻防デバフを使えるため、主人公のアビリティ枠を一つ自由にできる。ただし、本人の攻撃性能が高くないため、火力面とのバランスを考えると物足りなく感じることがある。ちなみに真・道天浄土(ゼノコロゥ剣)と同じ効果(自分の残りHPに応じて味方全体に渾身効果)のサポアビを持っている。

 

レ・フィーエ(恒常)

光レ・フィーエ(恒常)の画像

奥義加速と耐久面を補えるヒーラー。1アビは自分にバリアと追撃をする効果でしたが、Lv.100になると敵が特殊技を発動したときに自動で3アビ(味方全体にHP回復クリア活性奥義ゲージ20%UP極光の刻印)を発動するようになります。これにより採用候補に入れました。なお、3アビそのものはフルオートでは使えません。あとは優秀な奥義効果を持っていて、味方全体に幻影効果と3ターンの間ブロック効果(確率発動でダメージ軽減)を付与できます。 また、2アビで属性攻防デバフを付与できますが、効果量が低めです。

 

 

 

まとめ


光属性のフルオート編成紹介は以上です。

 

光属性は汎用的なフルオート適正のあるキャラが少なく、火属性と同じくらい候補に挙げられるキャラが少なかった印象があります。

 

当初はシャルロッテも候補に挙げようかと思いましたが、通常攻撃が全体攻撃の敵相手は厳しいため、汎用性の観点から候補には上げませんでした。(ちなみに私はセレマグHL用のフルオート編成で採用しています。)

 

また、今回に限った話ではありませんが、主人公がランバージャック固定になっているのは少々つまらないですね。しかし、モンクに変えるには耐久面での不安が付き纏いますので、火力特化に思考を割り切らない限りは難しいです。

 

あるいは、安定して狩れる敵用のフルオート編成を別に作るとか? その場合、焦点は回復や耐久性能よりも、いかにして火力を出すかに移りますね。それはそれで編成を考えるのが楽しそうです。

 

 

 

関連記事(他属性フルオート編成)


他属性のフルオート編成も紹介しています。参考になると嬉しいです。

 

属性フルオート

sigablog.com

 

属性フルオート

sigablog.com

 

属性フルオート

sigablog.com

 

属性フルオート

sigablog.com

 

属性フルオート

sigablog.com

 

以上、『【グラブル】光属性の汎用的フルオート編成+候補キャラ紹介』でした。

 

グラブルの記事一覧

画像出典:©Cygames,Inc.