SIGA BLOG

動物園から脱走したリスが、社会や人間について考えたり、小説やグラブルの記事などを執筆したりする雑記ブログです。

簡単に分かるSSL証明書。絶対に必要だけど、無料SSL証明書を取得すれば問題ない!

簡単に分かるSSL証明書。絶対に必要だけど、無料SSL証明書を取得すればOK!

 

独自ドメイン取得に際しては、様々な不明点が立ちはだかります。

 

その内の1つが SSL証明書 です。

 

  SSLって何のこと?

  SEO対策と関係があるの?

  費用はかかるの?

 

そんな疑問について、なるべく簡単に回答していきます。

 

スポンサーリンク  

SSLとは?


まず初めに……

 

SSLとは、ウェブサイトとユーザーの間で行われるデータ通信を暗号化して、第三者によるデータの盗聴・改ざんなどを防ぐ仕組みのことです。

 

SSLの解説の画像

 

あるウェブサイトがSSLに対応しているかどうかはURLで判別できます

 

SSL未対応の場合 http://○○○○○○○
SSL対応済みの場合 https://○○○○○○○

 

このようにhttpの後にsが入っていればSSL対応済み、つまりは「HTTPS化」していると言うことになります。

 

感覚的な話ですが、今ではHTTPS化していないサイトの方が珍しいでしょう。それくらいSSLは普及しています。

 

そして、そんなSSL導入に必要となるのが、SSL証明書になります。

 

SSL証明書は必要なのか?

 

現代のWEB環境を鑑みると、「SSL証明書は必要不可欠である」と言っても良いでしょう。

 

まず、 ユーザーが安心してウェブサイトを閲覧できること

 

詐欺が横行していたりもしますから、これはとても重要な要素ですね。

 

 

そこに加えて、検索エンジン最大手のGoogleが、

 

常時HTTPS化しているウェブサイトを優先的に評価する(意訳)

Googleウェブマスター向け公式ブログ  

 

と発表していますので、SEO対策の観点から見ても、SSLの導入はもはや必須事項となっています。

 

 

そこで気になって来るのは、独自ドメイン取得時のオプションメニューに表示されている

 

 SSL証明書

 

ですね。

 

独自ドメイン取得時のオプションにSSL証明書があるのですが…

 
レジストラ(ドメイン取得業者)によっては、独自ドメインを取得する際のオプションメニューにSSL証明書の項目があります(商売ですからね)

 

それについてお話するために、順番に情報を出していきます。

 

SSL証明書には3段階のレベルがある

 
SSL証明書は、認証内容によって3段階にレベル分けされています。

 

  1. 「ドメイン認証」…個人向け
  2. 「企業実在認証」…企業向け
  3. 「EV認証」  …最高レベル

 

レベルが高いほど、認証の手間も費用もかかります。

 

個人では「ドメイン認証」しか取得できない

 
個人ブログや個人事業主のサイトなどでは「ドメイン認証」しか取得できません。

 

なぜなら、「企業実在認証」と「EV認証」の審査には、法的な運営組織が実在している必要があるからです。

 

取得費用が結構高い


SSL証明書の発行には、結構な費用がかかります。

 

例えば  「お名前.com」の場合

 

独自ドメイン取得時のオプションメニューに「SSL証明書」の項目が表示されますが、これは「ドメイン認証」です。個人向けのSSL証明書ですね。

 

 

こちら、年間26,400円(税込)の費用がかかります。

※2021/03/30時点の情報です

 

2,640円ではありません。26,400円です。

月額に換算すると2,200円。

 

顔アイコン左

高くないですか?

 

「これを取得する必要があるのか?」

と言うより、

「これを取得しないといけないのか!?」

と思いますよね。

 

 

この疑問に対する答えですが……

 

有料オプションメニューのSSL証明書を取得する必要はありません

 

なぜなら、世の中には無料で提供されているSSL証明書があるからです。

 

無料SSL証明書『Let's Encrypt』

 

非営利団体のInternet Security Research Group (ISRG) が、インターネット全体のSSL化を促進するために、無料のSSL証明書である『Let's Encrypt(レッツ・エンクリプト)  』を提供しています。

 

『Let's Encrypt』は先述の3段階のレベルのうち、最も簡易な「ドメイン認証」に当たります。審査はなく、すぐに発行できます

 

しかし、これは裏を返せば、誰でも無料で発行できてしまうためにフィッシング詐欺で使われることもあると言うことで、それに比べると有料SSL証明書の方が信頼性は高いです

 

SSL証明書は有料と無料のどちらがいいのか?

 

どちらが良いかで考えるなら、それはもちろん有料の方です。

 

しかし、個人運営のサイトで年間○万円の出費は結構な痛手です。

 

その金額にそれだけの価値があるのでしょうか?

 

目下のポイントは自分のウェブサイトがHTTPS化されることであり、それは無料SSL証明書でも可能なのです

 

有料による信頼性の高さは二の次で良いのです。

 

 

それと、大きなブログサービスにおいても『Let's Encrypt』は使われています。

(※金銭的問題もあると思いますが、それでも一つの安心材料になると思います。)

 

例えば、はてなブログでは2018年に『Let's Encrypt』を導入していますので、今からブログ運営を始める人は、最初からHTTPS化しています。

 

 

 

よって、「SSL証明書は有料と無料のどちらがいいのか?」の結論としましては、

 

 個人のサイトでは無料のSSL証明書で十分です

 

なお、レンタルサーバーを契約している場合には、そちらの方で独自のSSL証明書が無料提供されている場合もあります。

 

スポンサーリンク  

まとめ


それでは最後に、今回紹介したSSL証明書に関する事項をまとめてみます。

 

 SSLはデータ通信を暗号化して安心なウェブサイトにする仕組みのこと

 SEO対策として非常に重要。必要不可欠。必須レベル。

 個人サイトでは『Let's Encrypt』のような無料SSL証明書でOK!

 はてなブログはSSL対応が標準仕様

 

 

独自ドメイン取得時に表示される有料オプションメニューの「SSL証明書」は不要ですので、その代わりに無料のSSL証明書を発行しましょう

 

また、ブログサービスやレンタルサーバーによっては、SSLが標準搭載であったり、無料のSSL証明書が提供されている場合もあります。確認してみましょう。なお、ウェブサイトのURLがhttpsから始まっているなら、既に導入されています。

 

 

以上、『簡単に分かるSSL証明書。絶対に必要だけど、無料SSL証明書を取得すれば問題ない!』でした。

 

 合わせて読みたい

 独自ドメインの取得を検討されている方は、こちらの記事も参考にどうぞ。
ドメイン管理会社5社の「比較」と「おすすめの決め方」などを紹介しています

sigablog.com

 

 Whois情報公開代行って何?という方は、こちらの記事も参考になると思います。

sigablog.com