SIGA BLOG

動物園から脱走したリスが、社会や人間について考えたり、小説やグラブルの記事などを執筆したりする雑記ブログです。

簡単に分かるWhois代行。お名前、スター、エックス、バリュー、ムームーでの取り扱い

簡単に分かるWhois代行

 

独自ドメインを取得しようとしたら、見慣れない言葉が出て来たと思います。

 

Whois情報公開代行

 

  え……どんな情報を公開するの?

  誰でも見れるの?

  必ず公開しないといけないの?

  情報公開を代行するってどういうことなの?

 

そんな疑問について、なるべく簡単に回答していきます。

 

スポンサーリンク  

Whois情報公開代行とは?


ICANNのポリシー  により、ドメインを持っている人は自分の個人情報をWhoisに公開する義務があります。

 

ここで言う個人情報とは、ドメイン取得時に登録した本名住所などの情報です。

 

これらの情報はWEB上に公開されますので、ドメイン名で検索すれば誰でも閲覧が可能です

 

企業のホームページなら特に問題ないのかもしれませんが、
個人サイトではプライバシーの観点から非常に受け入れにくい問題です。

 

そこで、この情報公開を代行してくれるサービスが出てきます。

 

Whois情報公開代行サービスです。

 

Whois情報公開代行サービスとは?


Whois情報公開代行はレジストラ(ドメイン取得業者)が提供しているサービスです。

 

「情報公開を代行するってどういうことなの?」と疑問に思いますよね。 

 

これは公開する情報を暗号化して、個人を特定できないようにしてくれるサービスなんです。

 

具体的にはこんな感じになります。

Registrant Name: Xserver Xserver Inc.
Registrant Organization: Xserver Inc.
Registrant Street: GRAND FRONT OSAKA TOWER A 32F
Registrant Street: 4-20 Ofukacho, Kita-ku
Registrant City: Osaka
Registrant State/Province: Osaka
Registrant Postal Code: 5300011
Registrant Country: JP
Registrant Phone: +81.662928811
Registrant Email: info@xserver.co.jp

 

名前、住所、連絡先などの登録情報が、レジストラの情報になっていますね。

 

もし、Whois情報公開代行を利用していなければ、これらの個人情報が全世界に発信されることになります。情報リテラシー的には必須のサービスですね。

 

気になる価格は?


気になるお値段の方ですが、多くのレジストラが無料で提供しています

 

私が調べたところでは、以下のレジストラは無料提供していました。

 

 無料で扱っているレジストラ

 スタードメイン

 エックスサーバードメイン

 バリュードメイン

 ムームードメイン

 

有名どころは全て……ん? 「お名前.com」が入っていませんね?

 

お名前.comは少し特殊

 

国内No.1シェアを誇る「お名前.com」ですが、Whois情報公開代行サービスに関しては少々ややこしいので注意が必要です。

 

まず、「お名前.com」のWhois情報公開代行は有料です

 

 

1ドメインごとに、年間1,078円(税込)の費用がかかります。

※2021/03/29時点の情報です

 

ただし、ドメイン登録と同時にWhois情報公開代行サービスに申し込んだ場合は無料です

 

ですから、お名前.comでドメインを取得する際には、Whois情報公開代行サービスの申し込みチェック  を決して外さないように注意してください。

 

補足:「Whois情報公開代行メール転送オプション」は不要

 
お名前.comで独自ドメインを取得する場合、オプションメニューの中に

 

  Whois情報公開代行 メール転送オプション

 

という項目があります。

 

これはWhois情報公開代行サービスとは別物で、あくまでメール転送のサービスです。

 

こちらに申し込まなくてもWhois情報公開代行サービスは利用できますのでご安心ください。

 

 

では、「このメール転送オプションって何なの?」というお話しですが、

ドメイン売買交渉や商標侵害警告などの通知を受け取ることができるようになるサービスです。(お名前.com談)

 との事で、基本的に使う場面はありません。

 

よって、お名前.comで独自ドメインを取得する場合、「Whois情報公開代行 メール転送オプション」は申し込み不要です

 

 

スポンサーリンク  

まとめ


それでは最後に、今回紹介したWhois情報公開代行に関する事項をまとめてみます。

 

 公開される情報は、ドメイン取得時に登録した本名や住所、連絡先など

 WEB上に公開され、誰でも閲覧が可能な状態

 公開は義務。それを回避するためのサービスがWhois情報公開代行

 Whois情報公開代行を使えば、個人情報は暗号化されて守られる

 

 

「お名前.com」は、ドメイン登録と同時に申し込んだ場合に限り無料となりますので……

 

新しくドメインを取得する方に関して言えば、今回調査した5社はいずれも無料で提供していることになります。

 

※今回紹介した5社

スタードメイン、エックスサーバードメイン、バリュードメイン、ムームードメイン、お名前.com

 

 

なお、はてなブログで「お名前.com」のドメインを取得・使用する場合の手続きや手順については、週刊はてなブログから解説した記事が出ています。

blog.hatenablog.com

 

 

以上、『簡単に分かるWhois代行。お名前、スター、エックス、バリュー、ムームーでの取り扱い』でした。

 

 合わせて読みたい

 独自ドメインの取得を検討されている方は、こちらの記事も参考にどうぞ。
ドメイン管理会社5社の「比較」と「おすすめの決め方」などを紹介しています

sigablog.com

 

 SSL証明書って何?という方は、こちらの記事も参考になると思います。

sigablog.com