SIGA BLOG

お役立ち情報・社会・教養・雑学・哲学・ゲーム 書きたいことばかり書いている 何でもござれな自由ブログ

【Aviutl】テキストを一文字ずつ表示する際のパターンサンプル

※本記事はgif画像を多用しているので、表示が遅い可能性があります。

Aviutl でテキストを一文字ずつ表示する方法は実に簡単で、
「表示速度」の数値を変更するだけです。

 
△ここまでは前提。
▽ここからが本題。
 

私が今回まとめたのは表示する際のアニメーションで、
具体的にはパターンのサンプルを用意しました。

 

テンプレートとしてそのまま利用するなり、数値を変えるなりしてみてください。

 

それでは本文へどうぞ。

個人的にはサンプル⑪と⑮が淑やかでおすすめです!

 

スポンサーリンク  

 

表示速度

前提とは言ったものの、表示速度についてもサンプルは載せておきます。

ちなみに、デフォルト設定である表示速度0は全文一括表示です。

 

クリックでGifを表示

▼表示速度100              ▼表示速度50

1-1.表示速度100の画像
1-2.表示速度50の画像

 

▼表示速度20              ▼表示速度10

1-3.表示速度20の画像
1-4.表示速度10の画像

 

数値が大きいほど文字送りが早く、数値が小さいほど文字送りが遅いです。

 

パターン紹介の前に

アニメーションの追加方法が分からないという方は下記をお読みください。

 

追加方法 その1

→テキストオブジェクトのプロパティ上で右クリック

 フィルタ効果の追加にカーソル合わせ

  →アニメーション効果を選択

 

追加方法 その2

→テキストオブジェクトのプロパティ右上の+を左クリック

  →アニメーション効果を選択

 

追加後はプロパティ最下部左下のドロップダウンリストから、
希望する効果を選択します。

 

 

 

震える

以降、アニメーションのパターンサンプルを貼り付けていきます。
テキストの表示速度はすべて「10.0」となっております。

 

まずはびくびくさせる演出から。

 

サンプル①

クリックでGifを表示

2-1.震える6

文字毎に個別オブジェクト:チェック なし

振幅:5.0(デフォルト値

角度:10.0(デフォルト値

間隔:0.0(デフォルト値

 

サンプル②

クリックでGifを表示

2-2.震える7

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

振幅:5.0(デフォルト値

角度:10.0(デフォルト値

間隔:0.0(デフォルト値

 

サンプル③

クリックでGifを表示

2-3.震える8

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

振幅:5.0(デフォルト値

角度:10.0(デフォルト値

間隔:50.0

 

 

 

弾む

テキストがぴょんぴょんします。

 

サンプル④

クリックでGifを表示

3-1.弾む9

文字毎に個別オブジェクト:チェック なし

速さ:20.0(デフォルト値

高さ:10.0

角度:0.0(デフォルト値

 

サンプル⑤

クリックでGifを表示

3-2.弾む10

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

速さ:20.0(デフォルト値

高さ:10.0

角度:0.0(デフォルト値

 

 

 

画面外から登場

しゅしゅしゅっ…とスライドインします。

 

サンプル⑥

クリックでGifを表示

4-1.画面外から登場11

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.3

角度:90.0(デフォルト値

数:1(デフォルト値

ランダム方向:チェック なし

 

サンプル⑦

クリックでGifを表示

4-2.画面外から登場12

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.3

角度:150

数:1(デフォルト値

ランダム方向:チェック なし

 

サンプル⑧

クリックでGifを表示

4-3.画面外から登場13

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.3

角度:90.0(デフォルト値

数:1(デフォルト値

ランダム方向:チェック あり

 

 

 

ランダム方向から登場

落ち葉のようにひらひらします。

 

サンプル⑨

クリックでGifを表示

5.ランダム方向から登場14

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:2.0

回転:3.0(デフォルト値

ライト:30.0(デフォルト値

 

 

 

拡大縮小して登場

大→小は強調的で、小→大は自然的です。

 

サンプル⑩

クリックでGifを表示

6-1.拡大縮小して登場15

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.3(デフォルト値

拡大率:300.0(デフォルト値

 

サンプル⑪

クリックでGifを表示

6-2.拡大縮小して登場16

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.3(デフォルト値

拡大率:30.0

 👉おすすめ!

 

 

広がって登場

ゆっくりにすると味わい深くなります。

 

サンプル⑫

クリックでGifを表示

6-2.拡大縮小して登場16

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.3(デフォルト値

 

サンプル⑬

クリックでGifを表示

7-1.広がって登場17

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:2.0

 

 

 

起き上がって登場

あっさりテイストでぴょこんとします。

 

サンプル⑭

クリックでGifを表示

8-1.起き上がって登場19

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.6(デフォルト値

勢い:2.0(デフォルト値

 

サンプル⑮

クリックでGifを表示

8-2.起き上がって登場20

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.6(デフォルト値

勢い:7.0

👉おすすめ! 

 

サンプル⑯

クリックでGifを表示

8-3.起き上がって登場21

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:1.2

勢い:2.0(デフォルト値

 

 

 

何処からともなく登場

しゅぱぱぱぱって感じです。

 

サンプル⑰

クリックでGifを表示

9-1.何処からともなく登場22

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.3(デフォルト値

ぼかし:1.0(デフォルト値

位置:1.5(デフォルト値

 

サンプル⑱

クリックでGifを表示

9-2.何処からともなく登場23

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.1

ぼかし:1.0(デフォルト値

位置:1.5(デフォルト値

 

サンプル⑲

クリックでGifを表示

9-3.何処からともなく登場24

文字毎に個別オブジェクト:チェック あり

時間:0.8

ぼかし:1.0(デフォルト値

位置:1.5(デフォルト値

 

 

スポンサーリンク  

 

 

以上です。

 

また、アニメーションをつけると当然データサイズも大きくなります!
容量が重たい順に並べると…

  1. 震える
  2. 弾む
    ※ここから下は【登場時】のみの演出なので、上記2種と比べるとあまり大きくなりません。
     なお、4~8は正直なところ順不同です。
  3. ランダム方向から登場
  4. 広がって登場
  5. 起き上がって登場
  6. 何処からともなく登場
  7. 拡大縮小して登場
  8. 画面外から登場

…となります。(2020年9月独自調べ)

 

動画サイズを軽くしたい場合には気をつけると良いでしょう。

 

以上、『【Aviutl】テキストを一文字ずつ表示する際のパターンサンプル』でした。