SIGA BLOG

動物園から脱走したリスが、社会や人間について考えたり、小説やグラブルの記事などを執筆したりする雑記ブログです。

モダンという言葉を使わないで…

モダンという言葉を使わないで…
今週のお題「下書き供養」

 

今回は誰の為にもならない話をします。

 

まず初めに言いたいのは、

私は「モダン」という言葉を使われるのが嫌いということです。

 

「あのインテリアのモダン感はたまらないね」

「どうせならモダンなファッションをしてみたい」

「そのプロジェクトはモダンかつスマートにアウトソーシングするべきだ」

のように使われていますよ。(妄想)

 

いや、まぁ、そんないらない冗談は捨て置いて…


なぜモダンという言葉を使われたくないのかについて語りますね。

 

スポンサーリンク  

モダンの意味

 
モダンとは「現代的」という意味です。

 

あるいは「近代的」とか 今風 いまふう とか。

 

 

…これだけでは、なぜ使って欲しくないのかを推し量れないと思います。

 

そこで考えてみていただきたいのは、「モダン焼き」についてです。

 

モダン焼きはモダンなのか?


「モダン焼き」を日本語に換言すると、「今風焼き」になるでしょう。

 

考えてもみてください。

 

時は西暦2101年。

 

それはドラえもんがいるかもしれない時代。

 

そんな22世紀の人間は、モダン焼きを前にしてこう言うでしょう。

 

「モダン焼きってどこがモダン(22世紀風)なのよ?

 

「確かに。モダンと言うよりもレトロ焼きね。」

 

そう――これがモダン焼き改め、レトロ焼き誕生の瞬間でした。

 

モダンと名付けたものは、いつかレトロになる

 
例として「モダン焼き」を出してみましたが、

モダンという言葉は、インテリアや建築、アートの世界で使われることが多いです。

 

例えば、モダン建築と呼ばれるのはこういう建築物です。

モダン建築 国立西洋美術館-Sの画像

 

これを見て、

「なんて現代的な建物なんだ!」

とはなりませんよね?

 

モダンと呼称・カテゴライズされたものには、

「その時世において」「当時は」などの前提がついて回ります。

 

時間が流動するこの世界において、

モダンとは一瞬の切り抜きであり、

恒久的に名付けられるべきものではありません

 

どちらかと言うと流行り(トレンド)に近い性質のものですから。

 

しかし、過去を観測するうえで「モダン○○」といった名称は既に定着しているため、今更にその矛盾の訂正を求めたところで、まったくの無意味です。

 

建物が風化していくのと同じように、

モダンというタグは削られ、消失していくにも関わらず……

 

そうして、過去にモダンと呼ばれたものも、いつかはレトロと呼ばれるのです。

 

モダンがモダンをダメにする、そんな罠

 
モダンという言葉自体には文句はありません。

 

数十年前から存在するタピオカジュースを買って、

「モダン! モダン!」と騒ぎ立てても何も問題ありません。

 

そう、モダンと評するのは特に問題ないのです。

 

モダンという名前を与えてしまうことが問題なのです。 

 

 

「モダン」は普遍の概念ではありますが、

「もの」は不変の価値観では見られません

 

モダンという言葉を、

現代的という概念を、

時間経過と共に推移するそれを、

固定された存在に当てはめるべきではないのです。

 

 

人々が言葉の使い方を誤ったために「矛盾したモダン」が生まれ、

その結果「モダン」は多義語に変容し、ややこしくなってしまったのです。

 

おそらく、会話に出てくる多くのモダンは「本当の意味」でのモダンなのでしょう。

 

しかし、矛盾したモダンが頭の片隅に存在している以上、モダンという言葉が出てきたときには、「どちらのモダンなのか」を推測することになります。

 

「○○○○○って建築物、想像していた以上にモダンだったよ。」

 

はたしてこのモダンはどちらのモダンなのか?

 

 

以上、『モダンという言葉を使わないで…』でした。

 

ちなみに「ポストモダン」も嫌いです。

そのモダンがいつの年代や事柄を指すのか明確にしなさい!