SIGA BLOG

お役立ち情報・社会・教養・雑学・哲学・ゲーム 書きたいことばかり書いている 何でもござれな自由ブログ

ニコニコのクリエイター奨励スコアをAmazonギフト券と交換してみました

クリ奨-00

 

ニコニコ動画を始めとしたニコニコのサービスにオリジナル作品や許可を貰った作品を投稿している人は、クリエイター奨励プログラムに作品登録をして「クリエイター奨励スコア」をもらっていますよね。

 

 2021年3月10日

このスコアの交換先に「Amazonギフト券」が追加されました!

 

ボーナス1%&手数料なし! クリエイター奨励スコアをAmazonギフト券に変換できるようになりました!!|ニコニコインフォ  

 

そこで実際にAmazonギフト券と交換してみましたので、申請から受け取りまでの流れを紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク  

スコアの交換先

 
クリエイター奨励スコアのもともとの交換先は、ニコニコポイント現金でした。

 

 ニコニコポイント

100点からの交換が可能。

ニコニコ内のコンテンツを購入する際に使えます。

還元率が高いので、使途がある場合にはお得な交換先です。

※プレミアム会員費には使えません。

 

 現金

1000点からの交換が可能。

日本国内の口座に振り込めます。

交換1回につき220円の手数料がかかります。

  

 

そして、今回追加された「Amazonギフト券」に交換するのはこのような人たちです。

 

 ニコニコポイントの使い道がない。

 現金化できる点数に達しないまま有効期限が来てしまった。

 現金化の手数料で損をしたくない。

 Amazonで買い物をする機会がある。

 

交換の流れ


ニコニ・コモンズのクリエイター奨励プログラムタブからスコアページにアクセスします。

 

 ニコニコのメニューバー>その他>コモンズ>クリエイター奨励プログラム>クリエイター奨励スコア

 

STEP.1


合計所持スコアを確認します。 

(ここの点数が100点以上でニコニコポイント、1000点以上で現金と交換ができます。)

Amazonギフト券は1点以上で交換可能です。

 

クリ奨-01

 

スコアを交換するボタンを押します。 

 

STEP.2


交換方式を選択します。

 

クリ奨-02

 

今回は中央のAmazonギフト券と交換するを押します。

 

STEP.3

 
交換したい点数(クリエイター奨励スコア)を入力します。

また、Amazonギフト券には1%のボーナスが付きます。

 

クリ奨-03

 

点数を入力したらAmazonギフト券と交換するボタンを押します。

  

STEP.4

 
交換内容を確認します。

 

クリ奨-04

 

問題なければAmazonアカウントでログインボタンを押します。

 

STEP.5


Amazonのログイン画面が表示されます。

 

クリ奨-05(Amazon Page)

 

必要情報を入力してログインボタンを押します。

 

スポンサーリンク  

STEP.6

 
自動的にニコニコのスコア交換完了画面に戻ってきます。

 

クリ奨-06

 

これで「クリエイター奨励スコア」が「Amazonギフト券」に交換されました。

 

交換できたことを確認したければ、クリエイター奨励スコア利用履歴へボタンを押します。

 

正しく交換できたことを確認する

 
クリエイター奨励スコアのページに行くと、利用履歴にAmazonギフト券交換という内容が追加されています。

 

クリ奨-07

 

一応、Amazonサイトの方でも交換できたことを確認しました。

 

 Amazonのメニューバー>アカウントサービス>Amazonギフト券

 

クリ奨-08(Amazon Page)

 

送り主はニコニコの運営会社である「dwango」になっています。

 

また、Amazonからの通知メールも届いていました。

 

簡単に交換できました

 
クリエイター奨励スコアをAmazonギフト券に交換する一連の流れを紹介いたしましたが、特に難しいところや引っかかるところもなく、実に簡単だったと思います。

 

私のように現金化のラインまでスコアが貯まらなかった者には、Amazonギフト券に交換できるようになった事はとてもありがたい話でした。

 

みなさまもAmazonギフト券に交換してみてください。手数料はかかりませんので毎月でも交換可能です。

 

以上、『ニコニコのクリエイター奨励スコアをAmazonギフト券と交換してみました』でした。

 

ちなみにですが、私は動画と素材を投稿しています。

素材(画像形式)はどなたでも利用できますので、よろしければ使ってみてください。

志賀 雷太 - ニコニ・コモンズ