SIGA BLOG

動物園から脱走したリスが、社会や人間について考えたり、小説やグラブルの記事などを執筆したりする雑記ブログです。

英語よわよわ人間は、ペヤングポテトやきそばで、また一つ賢くなった

 

本日、近所のスーパーに寄ってみたところ、まるか食品が販売しているペヤングやきそばの新商品が売られていました。

 

その名も…… ペヤング ポテトやきそば 

 

偶然にも本日新発売だったようです。

 

私が行ったお店では、レギュラータイプ(通常の一人前サイズ)しか売っていませんでしたが、公式HPを確認したところ、その他に超大盛タイプも販売しているとのこと。

 

下に公式HPへのリンクを貼っておきましたので、詳細を知りたい方は、そちらでご覧になって下さい。

 

スポンサーリンク  

 

さて、それでは記事タイトルに従った内容にいきましょう。

ポテトやきそばのパッケージにはデカデカとポテトとプリントされています。

 

ペヤング ポテトやきそば 122g ×18個

 

そして、その下にはPOTATOというアルファベット。
これを見た私の第一印象は、「ポタトってなんだ?」でした。

 

なぜかポテトをガン無視して、POTATOだけを読んでいたんですね。

 

しかも、あらゆる科目の中で、もっとも英語が苦手である私が、ポテトのスペルなんて知るはずもありません。実に見事なローマ字読みを決めました! これには審査員たちも、思わず頭を抱えたことでしょう!

 

英語は学び始めにつまづくと、以降は全て、つまづきます。もし小さいお子さんがいらっしゃる方は、学校の授業より早めに、英語学習を始めさせることをオススメします。私みたいな英語よわよわ人間にならないように気を付けてあげてください……。

 

 

 ◇本日の学習成果

ポテト(じゃがいも)は英語で Potato と書く。

 

これでまた一つ、賢くなれましたね。

 

 

味の方はと言うと……実はまだ食べていません。読んでくださっている方からすれば、それこそ重要なのかもしれませんが、私は後日の楽しみにとっておきたいので。

 

別に値の張る商品でもありませんので、気になった方は、自分でスーパーへ行って、実際に食べてみてください。

 

ペヤングは以前に、食への冒涜を犯してまで、チョコレートやきそばというゲテモノを生み出した前例がありますので、果たして今回はアタリなのか、ハズレなのか……食べる日が実に待ち遠しいです。

 

以上、『英語よわよわ人間は、ペヤングポテトやきそばで、また一つ賢くなった』でした。