SIGA BLOG

動物園から脱走したリスが、社会や人間について考えたり、小説やグラブルの記事などを執筆したりする雑記ブログです。

恋人(彼氏・彼女)が欲しいという意見にまったく共感できない件について

 

本記事では、下記のような話をいたします。

 

 

スポンサーリンク  

私は恋人が欲しいとは思わない

 私は恋人をつくりたいとは思っていません。将来的にどうなるかは分かりませんが、現状においては恋人を必要としていません。

 

 しかし、世の中には、恋人を欲したり、結婚をするのが一般的であるような風潮があります。私も、家族や友人から、そんな話題を振られることがあります。

 

 その際に、「少なくとも、今はつくりたいと思わないよ」と答えると、それでは納得してもらえず、「え~、でもさ~(略)」みたいな返しをされてしまいます。

 

 むしろ私からすれば、恋人や結婚を当然の欲求だと考えること自体が、「え~、でもさ~(略)」なんですけどね。好きな相手がいるのならともかく、候補もいないのに求める意味が分かりません。

 

 

恋人や結婚そのものは否定しません

 誤解のなきよう申し上げますと、私は恋人や結婚そのものを否定するつもりはありません。……と言いますか、それを否定してしまうと、自分がこの世に生まれ、生きている現状を否定しないといけなくなるので。

 

 それに、つい先日にも『働くことに抵抗感を抱えないためには早婚の社会にすべきなのでは?という説』というタイトルの記事を書いたばかりですから。あくまで、今はそう思えないだけで、いつかは求めるようになると思います。いつになるのかは、さっぱり分かりませんけれど。

 

 

結婚後のことまで考えるのであれば理解できます

 前述のとおり、世の中では多くの人が恋人を欲しますが、私にはその理由が分かりません。結婚した先のことまで考えるのであれば、理解も及ぶのですが……「結婚まで考えるつもりはないけど、恋人は欲しい」という考えがよく分かりません。

 

 当然、結婚しても良い相手かどうかは、付き合ってみないと分からないと思います。しかし、私がここで言っているのは、そもそも、相手がどんな人であろうが、結婚までいくつもりはない。だけど、恋人は欲しい。そんな意見に対する疑問です。

 

 「結婚したい」は分かるんです。ですが、「恋人が欲しい」は分かりません。

 

 

周りからの目を気にしている?

 真っ先に思い浮かぶのは、社会的ステータスを気にしているから、という理由です。

 

 「〇年間も恋人いないのってヤバくない?」のような、意味のない伝聞に踊らされてしまっている状態。言い換えると、「いい腕時計つけた方がいいよ」、「マイホームを建てた方がいいよ」、と言ったステレオタイプな考え方のことです。

 

 その場合、本当に欲しいのは恋人そのものではなく、恋人がいる自分という肩書きです。

 

 それならば、ネット上で見つけた写真でも使って、「これが自分の恋人だ」とでも言いふらせば済む話です(嘘がバレたら痛い人になりますけどね)。もし、会ってみたいと言われたら、「遠距離恋愛をしている」とでも言えば良いですし、やはり恋人は要りませんね。

 

 

寂しくて仕方がない?

 他には、寂しいから、といった理由もあると思います。人恋しさによる症状ですね。しかし、それは恋人を求めていると言えるのでしょうか?

 

 もちろん、人恋しさを解消する相手が、恋人であっても良いでしょう。しかし、よくよく考えてみると、その相手は友だちでも良いのではありませんか?

 

 「異性と同性ではいろいろと違うんだ」といった意見もあると思いますが、友だちが異性であるなら、それでも良いはずです。異性との友情はあり得ない、と言いたくなる人もいるかもしれません。ですが、それだと異性の友だちを持つ人がいる実情に説明がつきません。

 

 ここで私が言いたかったことを簡潔にまとめると、「人恋しさの解消相手は、恋人に限定しなくても良いでしょう」ということです。やはり恋人不要説。

 

 

そもそも恋人って何だろう?

 上述の結論に達したことで、今度は別の問題が浮上してきました。

 

 恋人と、異性の友だちは、一体なにが違うのか?

 

 例えば、一緒にご飯を食べる、一緒にお出かけする、一緒の家に住む……これらはいずれも、友だちが相手でもできることです。ほかにも、恋人でなくても性行為は可能ですね。

 

  • 恋人の間柄に特有のものは何なのか?
  • 恋人以外とでは、なし得ないものは何なのか?

 

 そこまで考えて、一つの答えに思い当たりました。


 お互いに親愛とは異なる愛情を向け合っており、なおかつ、それを両者が認識している状態の間柄です。(辞典に載っているのとほぼ同じですね)

 

 わかりやすく言うと、ロミオとジュリエットの関係性です。家がなんと言おうが、二人の関係性を言い表すなら、恋人が相応しいでしょう。


 愛情の一方通行ではなく、内に秘めたままでもなく、お互いに認識している状態。……なるほど、恋人が欲しいと言う人は、自分が愛せて、自分を愛してくれる相手が欲しかったんですね。その前提条件として、まずは自分が愛せる人を探さないといけないのでしょう。それはそれは……実にご苦労様です。頑張ってください。草葉の陰から応援しています(誤用)。

 

 

スポンサーリンク  

理解はすれど、共感はできず

 さて、ここまで思考を積み重ねることで、恋人が欲しいという気持ちは理解できました。ただ、それでも私は、恋人が欲しいとは思えません。なんで?(・・;)

 

 正直なところ、自分でも理由が分かりません。

 

 人を信じられないから? とも思いましたが、親友のことは信じていますから、それは理由になり得ません。

 

 親愛とは異なる愛情が湧かないから? その可能性はあり得ますね……恋という感情は、正しい定義付けや言語化ができないからです。あらゆる創作作品の中には、恋愛感情を表現した文章も存在することとは思いますが、それは誰にでも共通し得る感覚ではないでしょうから。自分自身の感覚で、「これぞ恋だ!」と実感するまでは、恋人が欲しいという意見に共感することは難しいでしょう

 

 今回、このような結論に至ってしまったことを、友人あたりからは「可哀そう」などと憐れまれるかもしれませんが、理解できない以上は損失を感じないので、特に問題はなかったりします。うーん……なぜ、私はこうも無駄な部分で鋼のメンタルなんでしょう……完全に頑張りどころをはき違えています。良い子は参考にしちゃいけませんよ。

 

 以上、『恋人が欲しいという意見に、まったく共感できない件について』でした。