SIGA BLOG

動物園から脱走したリスが、社会や人間について考えたり、小説やグラブルの記事などを執筆したりする雑記ブログです。

よく使う言葉のひらがなと漢字の使い分け方

サムネイル

 

この記事にまとめた情報は、私なりに調べた結果を噛み砕いたものなので、情報源や正確さの保証はできません。ご了承のうえでご覧ください。

 

ちなみに、このルールで推敲中の小説を添削したところ、修正時に違和感はありませんでした。本当に合っているかの判断は、日本語のプロに任せます。本文へどうぞ。

 

スポンサーリンク  

 

 

たち・達

名詞として使う場合は漢字です。

漢字:上達達者友達

ここで注意点です。友達は名詞ですが、私達は名詞ではありません

このような組み合わせは、友達以外はすべて平仮名が正解です。

平仮名:私たち人たち犬たち警官たち

 

 

ころ・頃

名詞として使う場合は漢字です。

漢字:日頃から頃合い

ある時間や時期を指す場合は平仮名です。

平仮名:十時ごろ夜明けごろ寝静まったころそのころ

 

 

わけ・訳

理由に対して使う場合は漢字です。

漢字:言い訳申し訳ない訳を話そう

上記から外れる場合は平仮名です。

平仮名:そんなわけがないわけがわからない

 

 

こと・事

具体的な事象を表現するときは漢字です。

漢字:事を公にはできないあの日の事は忘れられない

上記から外れる場合(抽象的な表現)は平仮名です。

平仮名:気になったことがある馬鹿みたいなことで怒ったどういうことだろう。 

 

 

とき・時

時間そのものを指す場合は漢字です。

漢字:時として恐れられた振り返った時には時に笑い、時に泣いた

「時」を「場合」に置き換えても通用する場合には平仮名です。

平仮名:用事があるときにはこんなときばかり

 

補足――先述のとおりに考えた場合、「何時」は漢字表記でよいはずですが、漢字の場合は「いつ」と「なんじ」で二通りの読み方ができてしまうため、平仮名で表記されていることが多いように感じます。結局どちらにしたらいいのと悩んだ場合は、もう平仮名にしておきましょう。日本語警察以外からは突っ込まれないはずです。

 

 

ため・為

「為」自体に意味がある場合は漢字です。あと名詞も。

漢字:君の為になるはずだ為にならない行為

「為」単独だと意味が無い場合は平仮名です。

平仮名:電車が遅れたために遅刻したそのためにはもうひと踏ん張り

 

 

うえ・上

位置関係(非物理も対象)を指す場合は漢字です。

漢字:机の上持ち上げた申し上げます

上記以外の場合は平仮名です。

平仮名:そのうえで話がある出来が良いうえに安い製品

 

補足――「このうえない屈辱」には上下の概念が存在するので、「この上ない屈辱」が正解な気がしますが、自信が持てないので私は平仮名で書くかも……。

 

 

とおり・通り

通過する場合、路を指す場合、いくつかの候補がある場合、これらは漢字です。

漢字:村で一番大きな通り建物の間を通り抜ける三通りの解法一通り

上記以外は平仮名です。

平仮名:そのとおり計画どおり

 

 

できる・出来る

品質を言い表す場合や、名詞は漢字です。

漢字:上出来だ出来が悪い今日の出来事出来上がり

上記以外は平仮名です。英語でいうcanにあたるもの。

平仮名:満点を取ることができたできなくてもいいできちゃった婚できました

 

 

わかる・分かる

結論:使い分ける理由がよくわかりませんでした。

……語源がどうたらこうたらでうんたらかんたららしいです。えぇ……。

 

ただ、あえてルールを決めるなら、「分かつ」「分ける」のような意味で「分かる」を使いたい場合は漢字。(具体的なシチュエーションはまるで想像できませんが……)

ごく一般的な、理解するという意味合いの場合は平仮名の「わかる」。

これが無難そうではあります。

 

また、グラブル……ゲーム内で使い分けているケースをちょうど発見しました。

通常は平仮名の「わかるを使用しているようなのですが、神様みたいなキャラ(シヴァ)は難しい言葉遣いをする設定だったので、漢字の「分かるを使っていました。

 

 

 

スポンサーリンク  

私の考えるルール

この記事や小説を書いていて思ったのですが、極論、どちらでもよい気がしました

 

例えば、人物設定に合わせて使い分けている例を挙げましたが、 書き手が意図的に漢字、あるいは平仮名で 表記するのは良いことだと思いましたので。

 

読み手を気にすることもあると思います。

「この一文は全部ひらがなだから、少し読みにくいな」

「この一文は漢字が多いせいで、すらすらと読めないな」

 

なので、基本ルールだけ自分の中で決めておいて、あとは臨機応変に対応する。

これでよいでしょう。

 

実際、これらのことを意識していろいろな映像や作品に触れてみると、使い方はそれぞれで異なっており、統一規格にはなっていないことがわかりました。結局のところは書き手それぞれにゆだねられているのかと。

 

つまるところ……ルール、要らないのでは……?

 

以上、『よく使う言葉のひらがなと漢字の使い分け方』でした。